水子供養 葬儀 法事 法要 納骨なら奈良県 紫雲山 極楽寺 重要文化財を多数保有 梅の咲く寺 日本最古の仏寺

極楽寺の紹介

ホーム > 極楽寺の紹介

極楽寺の紹介

はじまり

真言宗 紫雲山 極楽寺は今から約1400年前の用明2年(587年、第31代用明天皇)に聖徳太子により建立された寺の一つと伝えられています。
建立当時は常楽寺と言う名称で、沢山のお堂や伽藍を備えた大きな寺でした。
聖徳太子は安堵の守り神の牛頭天王社(飽波神社)も建立し、本願成就や仏法の守りを祈願したと伝えられています。

再興

聖徳太子が亡くなられた後、栄えた勢いは次第に衰え、わずかに檀家の人々が見守ってきました。
平安時代の中頃には、お堂が新しく建った別のお寺に使われたり場所を移されたりしてお堂の基礎の部分だけが残されて半ば言い伝えのお寺となりつつありました。
恵心僧都という偉い僧侶が常楽寺の荒廃を嘆き、再建に努力したと伝えられています。
寛弘3年(1006年、第66代一条天皇)に夢の中で常楽寺再興のお告げにしたがい諸々のお堂の再建の願いを立て、天皇より再建の詔を授かりようやく出来上がったのです。
恵心僧都はこれは阿弥陀様のお蔭によるものであると信じ、この時よりお寺の名前を紫雲山 極楽寺と改めたと伝えられています。
当時はこのお寺の持っている領地は700石(約70万㎡:約東京ドーム15個分)、僧侶の住む家は70余り、現在の本堂の南100mの所に南大門があったと言われております。
1石=1反=300坪≒1000㎡(1石:1人が1年間で食べるお米の量) 

戦国時代

戦国時代になると大和の国でもその支配をめぐり戦乱が続いていました。
大和国では興福寺が思慕の権力を持っており、その土地その土地の名主たちを衆徒・国民と呼んで武力組織(僧兵)をつくっていました。
当時その衆徒の頭領で、現在の筒井(大和郡山市)に本拠をおいていた筒井氏と信貴山に城を構えていた三好長慶の家来、松永久秀氏との間で戦乱が絶え間なく続き、極楽寺もその戦乱で火災に遭い1569年に護摩堂などが焼失し領地も没収されてしまいました。
天承五年(1577年)に織田信長から大和守護に任命された筒井順慶により、お供え物などを作る田んぼと木や竹を切り取る事や動物の殺生を禁じた境内地をお寺の領地として与えられ永らく途絶えていた法要がまた営まれる事になりました。
戦国時代の終わり頃には真言宗の僧が極楽寺復興の為はいってまいりました。1596年にお堂の修復を行っております。

江戸時代

江戸時代の極楽寺は、極楽寺の本坊と僧侶の住まいが東之坊、西之坊、南之坊、北之坊、角之坊、奥之坊の六ヶ坊あり、境内には本尊阿弥陀如来坐像を安置した本堂と庫裏とお経を納めたお堂がありました。
このお寺の本部にあたる東之坊には代々住職の僧侶が入って相続していました。
この時、東之坊の本尊には現在本堂でお祀りしております、聖観音菩薩立像を安置しておりました。

現在

極楽寺は飽波神社祭りに関係がある神と仏の調和とれた性格を持つお寺でした。
そのため、明治の初めに起こった廃仏毀釈また、神仏分離によって始まった神社と寺院の争いにこのお寺も荒れ果てて住職のいない無人のお寺となったり、あるいは兼務の住職によって保たれた時期もありましたが、現在は 重要文化財 阿弥陀如来坐像はじめ数々の文化遺産を保持しております。
昭和62年より現在までお堂の修復、建て替えなど終え、現在の境内となりました。

文化財のご案内

  • 本尊 阿弥陀如来坐像(平安時代 国指定重要文化財)

    極楽寺の本尊 阿弥陀如来坐像(国指定重要文化財)は像高、約1.4メートル。 伏し目のやさしい、満月のごとくおだやかに整った顔容、柔らかい衣のヒダの刻出などから、本像が仏師定朝出現以後の藤原仏であることがうかがえます。
    大正11年に国宝に指定されております(現重要文化財)。また頭部から指先まで、修復の跡が一切なく、長い歴史の中、その保存状態からしても大切にお祀りされていたことがわかります。

  • 広島大仏(平安時代 阿弥陀如来坐像)

    広島大仏は高さ約4メートル、全身に金箔を施した木製の阿弥陀如来座像。 戦後、広島県のお寺で原爆犠牲者を弔う仏様として祀られ、平和のシンボルとなられた仏様です。広島市では、戦後の復興を願うパレード(現在の本通商店街)で主役になった仏様です。
    胴体に比べ頭部が大きく、極楽浄土で瞑想をする姿を表す「定印(じょういん)」を結んでいます。
    8月6日には当寺にて平和祈念式典をはじめ、様々なお祭りイベントがおこなわれます。

  • 大般若経全六〇〇巻(奈良時代 国指定重要文化財)

    安堵の守り神の牛頭天王社(飽波神社)に奉納されたこの六百巻は、安和元年(968年)に書写され、応永年中(1394年~1428年)に修復されています。
    その後時代と共に傷み過半不足してはおりましたが延宝六年(1678年)より同八年にかけて十万旦那に勤め、一紙半銭の助成を請うて修復整理しました。このときに巻紙であったものを折本に改めたとされています。
    普段はふたを閉めていてお経を見る事はできないが、年中行事である、極楽寺会(5月第2日曜日 午前14時~ )では年に一度、御開帳され「大般若転読法要」に参加ができ、諸々の祈願や、お体のお加持を受けることができます。

  • 大日如来

    大日如来は真言宗を代表する仏様としてよく知られています。写真ではよく見えないが極楽寺の本尊の後背上部にも大日如来がいます。真言宗の教えでは、すべてはこの大日如来が変化して仏様や我々や周りの方々に、姿を変え説法してくださっています。本尊様もまた、雲の上から下りて来られた大日如来が変化し姿を変え阿弥陀如来となられた様子を表しています。

  • 聖観音菩薩立像(平安時代)

    聖観音菩薩立像の像高は八五.五センチメートル。全く内刳りのない一木彫成像である。時代は平安時代中期(11世紀頃)と思われる。 江戸時代ではこのお寺の本部にあたる東之坊の本尊であったとされています。現在は本尊の脇左側に安置されており、 お顔はとても優しく微笑んでおられます。 安産や子授け、求子祈願などのご利益があるとされ、女性の信仰をあつめております。

  • 不動明王

    「お不動さん」の名で親しまれてお姿は目を怒らせ、右手に宝剣、左手に縄を持ち大変恐ろしい姿をしていますが、その心は人々を救済しようとするお姿で、厳しくも優しい慈悲の心に満ちております。当寺の不動明王は真言宗中興の祖といわれる覚鑁上人が造られたといわれています。

  • 弘法大師

    弘法大師とは、一般的に「お大師さま」の呼び名で親しまれている平安初期の僧の空海(真言宗の開祖)のことで遍照金剛(へんじょうこんごう)とも呼ばれています。四国八十八カ所の巡礼も、この大師信仰から生まれたものである。時代は江戸時代と推定されます。

  • 如意輪観音

    六観音の一つに数えられ、天界道に迷う人々を救うとされるが、6本の手で六道すべてに救いの手を差し伸べるともいわれています。時代は推定 室町時代

  • 馬頭観音

    動物守護の仏様として有名な六観音のうちの一つで、馬頭(ばとう)とつくように、頭上に馬の顔があることで有名です。当寺の馬頭観音様は推定 室町時代の仏様といわれています。

  • 釈迦如来

    釈迦如来(お釈迦様)が実在したのは今から約2500年前といわれ、釈迦如来像(仏像)が造られたのが2000年前と言われています。お釈迦様入滅後約半世紀が経っていることから理想化、絶対化し偉大な尊像になったともいわれております。当寺の尊像は南北朝時代のものとされ石仏像です。

  • 弥勒菩薩半跏思惟像

    足を組み(半跏はんか)右頬にふれて思索する(思惟しい)姿の弥勒菩薩像です。

お問い合わせ・お申し込みはこちらから