水子供養 葬儀 法事 法要 納骨なら奈良県 紫雲山 極楽寺 重要文化財を多数保有 梅の咲く寺 日本最古の仏寺

大般若転読法要

ホーム > 祈願 > 大般若転読法要

極楽寺会(大般若転読法要)だいはんにゃてんどくほうよう

極楽寺の祈願の歴史

聖徳太子建立後、奈良時代から守り継がれる大般若経(国指定重要文化財)によって、国家安穏、町の災害除け、五穀豊穣を願い、諸々の祈願が盛んに行われてきました。現在は五月の第二日曜日に執り行われる「大般若転読法要」として守り継がれております。

「大般若経全六百巻」は年に一度この日だけ「御開帳」として公開いたします。僧侶が祈願する大きな声が本堂に響き渡り、大般若経がパラパラとめくられる様子は圧倒的な迫力です。「大般若転読法要」はぜひ一度その目でご覧ください。

大般若転読法要

日時:5月 第2日曜日 午後2時 (受付1時~)
参加方法:自由(どなた様でも参加できます)
参加費:参加費無料
祈願料(任意):3000円~ 

お問い合わせ・お申し込みはこちらから